伊藤 玲哉

終末期が近い人々のうち、75%の人が病院の天井を見ながら人生の最後を迎えている。そうした人達が病床を飛び出して旅に出ることを実現させるために、医師として医療・看護・介護のサポート体制を整え、旅行業の専門能力を兼ね備えた旅行医としての活動を志している。

旅先となる各地の医療機関と連携ネットワークを構築し、いざというときに速やかに適切なサポートを受けられるよう、準備を進めている。